離婚はとにかく相談が大事です。

一度でも愛し合った夫婦が離婚を考えたり決意したりするのは、容易ではないことだと思います。
結婚する時は離婚することなんて考えないでしょうし、本来なら離婚したくて離婚をする夫婦もいないと思います。
原因が不倫にせよ性格の不一致にせよ暴力にせよ、どんな理由でもまずは一度は話し合いたいものです。
ただ、とにかくべらぼうにガマンをすればいいというものでもありません。悲しいことに、そのガマンが原因で最悪の事態を招いてしまう可能性もあるからです。

離婚を考え始めた原因はなんでしょうか。それは、誰の責任でしょうか。改善の余地はあるでしょうか。パートナーと話し合いはできそうでしょうか。
できれば一人で考え込まず、実家の家族や専門の機関に相談するといいですね。自分ひとりだけでは破滅に向かう可能性も大きいでしょう。

責任問題はどちらか一方ではないことも多々あります。お互いが納得し、理解したうえで結婚生活継続か離婚をするのかの答えを出すべきです。
離婚したい、と思い始めるとその思いは止まらなくなります。パートナーの悪い部分ばかり目につき、1分1秒でも早く別れたいと思うようになります。
それは冷静になっていない証拠。暴力などの危険が伴わない場合は、まずは内に秘めずに思い切って相談する勇気を持つと気持ちが楽になると思います。
離婚弁護士はここをチェックしておくと良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>